株主の皆様には平素格別のお引き立てとご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。当社は1970年に三菱創業100周年の記念事業として設立以来、豊かで持続的な未来社会の実現を目指してまいりましたが、本年9月に創業50周年を迎えることができました。この間ご支援・ご厚情を賜りました株主様、お客様をはじめ、すべてのステークホルダーの皆様に深く感謝申し上げます。
2020年9月期は、「中期経営計画2020」の最終年度として、「事業ポートフォリオ改革」「ビジネスモデル改革」「働き方改革」の3つの改革の総仕上げに取り組んだ結果、新型コロナウイルスによる影響を打ち返し、シンクタンク・コンサルティングサービスセグメント、ITサービスセグメントともに増収増益、グループ全体としても過去最高益を達成することができました。
創業50周年に当たり刷新いたしました経営理念のもと、「新中期経営計画2023」を策定、豊かで持続可能な未来の共創を使命として、世界とともにあるべき未来を問い続け、社会課題を解決し、社会の変革を先駆けてまいります。次の50年に向け、新たな一歩を踏み出した当社グループに今後ともご理解とご支援を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

2020年12月
株式会社三菱総合研究所
代表取締役社長