株主の皆様には平素格別のお引き立てとご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
2018年9月期は、中期経営計画2020の初年度として「飛躍に向けた足場固めの年」と位置付け、「事業ポートフォリオ改革」「ビジネスモデル改革」「働き方改革」の3つの改革に取り組んでまいりました。
その結果、官民を横断する領域におけるソリューション事業では、総合シンクタンクの強みを活かし、確かな手応えを感じることができ、今後の事業拡大に道筋がつきました。一方で、ITサービスにおける課題案件の発生は、真摯に反省し再発防止に努めてまいります。
当社グループは、「英知と情報に基づく社会への貢献」を経営理念に掲げ、長年培ってきた豊富な知見とネットワークを駆使し、事業を通じた社会課題の解決に取り組んでおります。持続的で豊かな社会の発展に貢献することで「未来共創」を目指す当社グループに、今後とも一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2018年11月
株式会社三菱総合研究所
代表取締役社長